自由が丘、二子玉川の歯科、歯医者なら尾山台歯科クリニック

Tel:03-6322-1714

小児歯科

子どもの予防歯科

子どもの頃から予防歯科が大切な理由

子どもの頃から予防歯科が大切な理由3歳までにむし歯があるお子さんは永久歯に生え変わってもむし歯になる確率が高いことが分かっています。

乳歯のむし歯が永久歯に伝染するわけではありません。むし歯になるような日々の生活習慣や食習慣、甘いものに対するその人の志向は、一度むし歯が治ってもすぐには変わらず、永久歯になってもその習慣を知らず知らず続けている人が多いからです。

子どもの頃からの予防をすることにより、自分の歯や口に関心を持ってもらい、他律で管理していきますが、自律して管理できるようになってもらうために私たちは努力しています。

また、ご家族皆さんが同じ価値観を持って、生活を見直し、ご家族全員の健康に役に立ってもらいたいと願っています。
歯は一生使う大切な身体の一部です。一生自分の歯で食べられるという素敵な人生を応援しています。

予防歯科のポイント1. 泣かないハミガキ

予防歯科の根本は「患者さん自身が自ら行う」ことが大切です。小児歯科の場合は、お子さんの代わりに保護者の方が行うことが基本になります。

育児相談で、一番多いのが「オムツの離れの方法」と「泣かせないハミガキ」だそうです。しかし、子どもが泣くのは自然なことで、泣くことで親御さんとコミュニケーションをとっているのです。

特に赤ちゃんやお子さんにとって、「口」はとても鋭敏なところなので、いきなり歯ブラシを使ったり、ガーゼで拭かれたりすると最初は嫌がって泣いてしまうのは極々当然なことなのです。

でも、赤ちゃんが自分の指を口に入れて泣くところはあまり見たことがありませんよね?これは、赤ちゃんが自分の指を自分の口にいれることに慣れているからです。

ハミガキも同様で、お子さんの緊張をほぐして、慣れさせれば泣かずに、ハミガキをさせてくれます。徐々にステップを踏んで、慣れさせてあげましょう。

ステップ1

お母さんの手や指で、くちびるを触ったり、引っ張ったり、押したりと動かしてあげます。するとだんだん「脱感作」といって、緊張が取れてきます。

ステップ2

ガーゼなどで歯の表面を拭いてやります。歯が生え始める6ヶ月頃は、物を手でつかめるようになるので、歯ブラシを赤ちゃんに持たせます。自分の口の中で歯ブラシを遊ぶようになります。

ステップ3

ガーゼで磨いていて身体の緊張が解けてきたら、お母さんが歯ブラシを使って磨いてあげます。動かすと泣く子もいますが、泣かせても教えてあげないと身に付かない習慣です。また、自分の自由にならないから泣く子もいますが、毎日行うことで習慣として教えてあげて下さい。
体位は、寝かせて磨くのが頭も身体も安定しますし、口の中もよく見えるので、お勧めします。

1歳半から2歳半ぐらいまでは仰向けに寝るのが嫌がる子どもがいます。その頃、平衡感覚をつかさどる三半規管の近くの脳細胞が盛んに発達するときで、仰向けに寝るのが不安定で、嫌がります。そのときは無理をしないで、せいぜい1年間くらいですから、お母さんのお膝に座って磨けば良いのです。

予防歯科のポイント2. 家庭で出来る予防歯科

子どもの予防歯科には、ご家庭でできる予防歯科と歯科医院で行う予防歯科があります。ご家庭できる予防歯科は、歯みがきと低濃度のフッ素配合の歯みがきを使用することです。

当院で行っている予防歯科は、歯科衛生士が行う歯のクリーニングや高濃度のフッ素塗布、シーラントと言われる歯の溝を予防の観点から埋めてしまう、など虫歯を予防するための様々な処置を行っています。

それぞれのお子さんにあった最適な予防方法や歯科材料を厳選して行っていますので、ご安心ください。

当院の小児歯科の特徴

親御さんへ 定期健診 子どもの虫歯治療

小児矯正と歯並び 子どもの予防歯科 悪いクセ