自由が丘、二子玉川の歯科、歯医者なら尾山台歯科クリニック

Tel:03-6322-1714

小児歯科

子どもの悪いクセ

指しゃぶり

指しゃぶり指しゃぶりは子どもの発達上、必要な年齢があります。3歳くらいまでは大目に見てあげましょう。

ただし、あまりにも吸い方が強く、指を深くまで入れていると、噛み合わせが開いてしまいます。

早めに治せられれば、自然に治る場合もあります。外で遊ばせることや指を使うオモチャを勧めると早くやめてくれることがあります。

問題なのは、4歳を超えても指しゃぶりが習慣化しているお子さんは注意が必要です。精神的に親離れしていないお子さんが多いように感じますので、家の中でお手伝いをさせたり、精神的に自立できるよう促してあげてみると良いかもしれません。

さらに、小学生になっても止められないお子さんもいます。その場合、お子さんが環境上の問題とか精神的な問題を抱えている場合もあるので、小児科医や小児歯科医、臨床心理士に相談する場合もあります。

おしゃぶり

基本的には指しゃぶりと同じように考えますが、おしゃぶりは子どもの身体と離せるので、比較的解消しやすいクセです。
厳しい言い方ではありますが、親御さんの心構えで止めることができます。ただ、余り早いタイミングでおしゃぶりを外してしますと、他の代用品をくわえてしまう可能性もあります。

目安としては大体、1歳を超えたあたりにから徐々に外してあげましょう。その際、お子さんの噛み合わせに異常が出ていても2歳までに止めれば、自然に治る場合が多いですので、ご安心ください。

歯ぎしり

最近、お子さんの歯ぎしりを心配されて、来院される親御さんも少なくありません。「一緒に寝ていると音がうるさくて、眠れない」とか「歯が磨り減ってしまい、痛くならないか」などの訴えがあります。

子どもの歯ぎしりは、噛み合わせが原因であることは少なく、そのほとんどが環境の変化(新しく兄弟ができたなど)から来る精神的な影響が多いと言われています。

また、最近では寝る前に牛乳など、水分をたくさん摂ることで、お口の中の酸性が胃液の影響で強くなり、歯が解けやすく、無意識にキリキリとすり合わせてしまうということが小児歯科医の中で言われています。歯ぎしりで気になる方や夜に食べ過ぎや飲みすぎの子には、寝る前の飲食は止めてみると歯ぎしりも治るかもしれません。


口呼吸

最近、子どもたちで「お口ポカーン」の子どもをよく見かけます。それは、口の周りの筋肉(口輪筋という)の力弱くて、口が無意識に開いてしまうのです。中には鼻の疾患(鼻づまりやアデノイドが腫れているなど)があると仕方なく、開いてしまう場合もあります。その場合は、耳鼻科で治療して下さい。鼻に問題がなければ、歯科の方で筋肉のトレーニング方法があります。いつも「お口ポカーン」だと咽頭炎を起こしやすく、風邪を引きやすくなります。また、根気がなくなり、神経を集中しにくくなります。学習にも影響が出るかもしれません。食べ方にも影響が出ている場合があります。気になる方は一度、ご相談ください。

食べ方

食事を美味しく食べるとか、食べ物の味を楽しむとかは一生大切なことですね。マナーにおいても重要なことです。

でも、それは、子どもうちに体得することです。そして、それは健全な口腔機能の発達がないと体得できないものです。最近よく言われることは、寝たきりのご老人でも口の機能が再び健全になると、寝たきりの状態が自立歩行をするようになり、生きる機能が活性化してくると言われています。人間において、食べることは本当に生きていく上で大切なことなのです。

離乳食を食べるときから口の機能を正しく身に付けるようにしたいものです。小児歯科はその口腔機能の健全な育成を目指して、お手伝いをしていきます。

当院ではその視点を持って、全ての治療を行っています。

当院の小児歯科の特徴

親御さんへ 定期健診 子どもの虫歯治療

小児矯正と歯並び 子どもの予防歯科 悪いクセ